魂の逸品、ここに現る|村越シャモロックパーク

村越の青森シャモロックのこだわり


村越正和.jpg

養鶏を始めたのは、6年前になります。
それより以前から個人的に育て
食べていましたので
その美味しさは知っていました。
以後、羽数を増やし
現在は年間20,000


【村越の青森シャモロックの特徴は、創意工夫にあると思っております。】

 

村越の青森シャモロック|ひよこ

 

〜独自のマニュアル作成〜 【 鶏舎の構造 】


鶏が気持ち良く住むためには
人も気持ちよく鶏舎に入る事が出来る環境にしなければならないと思いました。

匂いがなく雑菌の繁殖を防ぐにはどうすれば良いか?

その結果、鶏舎の床の高さを高床式のように高くする事で
地面からの水分の浸透を遮断し、
乾燥した状態を保つ様にしました。
湿った状態では雑菌を生み、又、匂いが発生します。
事実、鶏舎内はほとんど匂いがなく訪れた飲食店のオーナーの方々
そして各テレビ局の方々もビックリして帰られます。

村越の青森シャモロック|床を高く
村越の青森シャモロック|清潔な鶏舎

【 ヒナの育て方 】

村越の青シャモロック|ヒナ
ヒナは自社の農場で種鶏から
タマゴの生産をし孵化させています。
又、青森県産業技術センター畜産研究所
からのヒナの購入もしています。
ヒナの育て方は
ここでは詳しくかけませんが
独自に工夫をして
大事に手間をかけて育てております。



【 餌の与え方 】

飼料は、独自に研究を重ねて他の地鶏

に負けない本物のシャモロックを育てる

 ためにコストを下げるための飼料米は

一切与えておらず環境も最適にし独自

のエサを与えることにより本物のシャモ

ロックが出来上がりお客様の信頼を得

ることができました

これからも更に向上心を持ち

大事に育ててまいります。

 青森シャモロック基準.jpg

 

親が子供に好き嫌いなく食べさせる事と
同じ様に私もシャモロックに
独自配合飼料を好き嫌いなく
大きいエサも粉のようなエサも
まんべんなく食べてもらうように
工夫して与えております。
その結果、
色々な効果が表れ
肉質の更なる向上に繋がりました。

【 飼育密度 】

村越の青森シャモロック|自由に育つ
三大地鶏に負けない青森シャモロック

作り上げる為にはどうすればいいのか?

飼育密度は鶏の運動量につながり
更にストレスをなくし闘鶏のシャモ(軍鶏)の血が
入っている気質のあらい性質を
ゆったりした性質に変えるため
密度の基準を5羽/u3羽/u以下とし
それによりストレスからの障害をなくし、
その結果食欲も増進し、運動量も最適となり
肉質もやわらかくても弾力があり、更に食感のある、
そして甘みのあるものに仕上げました。
村越の青森シャモロック|三大地鶏に負けないシャモロック

【飼料の配合】

村越の青森シャモロック|肉質の良くなる飼料
飼料にもこだわり独自に研究を重ね与えています。
その結果、本物のシャモロックの味に仕上がり
信頼を得ています。



【 従業員の心構え 】


私の従業員は私の思いと皆一緒です。
日本一の地鶏を作ろうと全員が一丸となって、一羽一羽の鶏を大事に育てています。

これは私の最大の自慢です。

お客様に喜んでもらえる、おいしい本物の村越の青森シャモロックを育てようと
全員が思っています。

最後に、村越の青森シャモロックの本物の味を
沢山の人々に知って頂きたいと思っております。


村越シャモロックパーク|従業員